シミやシワ

直接ケールなどを食べるより青汁を飲んだ方が良いのか?

野菜はジュースから取る方が栄養分がそのまま取れて体の健康に効果があります。
新鮮なうちに野菜を搾ってすぐに飲むと栄養分をそのまま体の中に取り入れることが出来ます。
たとえジュースにしても時間がたてば経つほど栄養分はどんどん失われていってしまいます。

生絞りジュースにして飲むメリットは自然そのままの栄養分をしっかりと体の中に取り入れることできることです。
青汁の三大原料の一つであるケールはもともと地中海沿岸で取れるアブラナ科の植物です。
癖が強いので料理などに使われてきましたが、免疫力を高める野菜として重宝されてきました。

http://www.pest-one.com/origin.htmlケールについてはこちらにも詳しく解説されていますが、日本ではなじみが薄い野菜ですが、坑ガン抑制作用が高くβカロチンが豊富に含まれており、その数値はブロッコリーの8倍もあります。
ケールについてはhttp://www.aoyuzu-akiba.jp/kal.htmlにも詳しくかかれています。
ケールの青汁はクセのある味で飲みにくいので、混ぜるものによっては栄養の相乗効果を得ることができます。
たとえば抹茶、牛乳、豆乳、果汁100%ジュースなどです。

ケールに含まれている苦味成分インチオサイアネートは坑酸化・抗菌作用があり、わさびや大根にも含まれている成分です。
苦味成分のスルホラファンは乳がん抑制に効果があり、何と言ってもこの物質の大きな特徴は水には溶けず壊れないというとこところです。
またケールに含まれている食物繊維はごぼうの約3.5倍、カルシウムはキャベツの約5倍も含まれています。
他の三大原料である大麦若葉http://www.printablegreetingcardsonline.com/wakaba.htmlと明日葉についてはこちらにかかれています。

青汁は自分で作ることもできます。
作り方はhttp://www.aoba-shop.com/tedu.htmlに載っていますので参考にしてください。

このページの先頭へ