シミやシワ

青汁には大麦若葉やケール以外にもある?

青汁の原材料はケール、明日葉、大麦若葉、桑の葉、ゴーヤー、六条大麦若葉、クマザサなど種類がいろいろあります。

ケールは原材料の中でも栄養価が一番高く、野菜の王様と呼ばれています。
美肌効果が高く、美容に最適です。
デメリットは匂いや味です。
青臭い匂いや味にも癖があり青汁の中でも一番飲みにくく、特に子どもには不向きです。

大麦若葉の青汁はケールの次に良く飲まれている青汁です。
食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。
飲みやすいので子供に一番好かれている青汁です。
また神経伝達機能を正常にする作用があり、精神を安定させる効果があります。

明日葉は八丈島原産せり科の植物です。
栄養価のバランスが良く、特にカルシウム含有量が多いです。
近年注目されている成分は茎や根から取れる成分です。
ポリフェノールの一種で抗菌・抗酸化作用があります。
明日葉についてさらに詳しく知りたい方はhttp://www.e-guru.org/healtheffect.htmlをご覧ください。


桑の葉にはコレステロール値を下げ、血糖値がコントロールされ、高血圧・糖尿病予防改善に効果があります。
そのため桑の葉のお茶やサプリが多数販売されています。

クマザサは北海道の雪山に自生する笹の一種です。
非常に栄養価が高く、高血圧・糖尿病を予防します。
低カロリーでダイエットに最適です。
カルシウムや鉄分が多く入っています。
http://www.eldiscursodelrey.com/7.htmlにもかいてある通り青汁は健康食品のため副作用の心配はありません。
しかし、過剰摂取してしまうとおなかが緩くなったりしますので、適量を毎日飲むようにしましょう。

このページの先頭へ