シミやシワ

青汁を飲んで体を壊すこともあるのか?

今では美味しい味のものが多くなり、青汁を続けて飲めないという人は少ないでしょう。
美味しい味の青汁が多くなり、また青汁は薬ではないので、ついつい飲みすぎることがあります。
飲みすぎると腹痛・下痢をする事があります。

下痢をされた方は多いです。
原材料にもよりますが、ケールは特に刺激が強く注意が必要です。
体の中では腎臓が弱い人は青汁を飲まないほうが良いです。

なぜなら青汁の中にカリウムが入っていますが、腎臓が弱い人はカりウムを排出する機能が弱く体内にカリウムが蓄積してしまいます。
体内にカリウムがたまるとますます腎機能が悪化することになります。
また病院で処方してもらった薬を服用している場合も青汁を飲む場合は医師に相談しましょう。

面倒だからって作りおきはいけません。
保存料が入っていないので時間がたてば経つほど青汁の品質は劣化します。
新鮮なうちに作り立てを飲みましょう。

もし作りおきしても、その日のうちに飲んでしまいましょう。
青汁は少しづつ続けて飲むことで効果を実感できることでしょう。
このように青汁を飲むときは注意しなければならないこともありますが、注意しなければならないことがあるということは、青汁が刺激が強い飲み物とも言えますね。
http://konopizzacanada.com/08.htmlにもかいてあるように薬ではなくて健康食品なので副作用はないとされていますが、持病がある方には注意が必要です。
同じ商品を購入胃するならば、少しでも安く購入したいですよね。
こちらに青汁のお得な購入方法が紹介されています。


このページの先頭へ