シミやシワ

胃腸が弱くても青汁を飲んで大丈夫?

青汁には胃腸病改善に必要なビタミンなどの栄養素がふんだんに含まれています。
しかし一方では、青汁で胃腸病はある程度までは改善しますが、完治は難しいだろうという医療関係者は多いですが、どのような考えからでしょうか?
青汁では、胃が改善する栄養素は含まれてるので、症状が改善しても原因まで取り除くことはできません。
という考え方からのようです。

そもそも胃潰瘍は、どのようなことが原因でおこる病気なのでしょうか?
あまりに辛いもの・甘いもの、あるいは冷たすぎるもの・熱すぎるものなど刺激物を食べた場合になります。
だから食べるときは胃に負担がかからないように熱いものは冷ましてから食べたり、辛いものは味を薄めてから食べるなり工夫しましょう。

胃の病気の中でも胃潰瘍は青汁での治療が考えられてはいますが、根本的に治癒するのは難しく、いまのところ胃潰瘍は胃潰瘍の薬で治療されるのが望ましいとされています。
胃腸病が青汁で改善されたという症例は多いです。
中には長年腸炎を患っていたという慢性腸炎が良くなったという症例もありました。
胃腸病には様々な症状があり、潰瘍やガンといった病気ではなく、ただ胃がもたれたり胃に痛みがある場合は機能性胃腸症と呼ばれています。
この場合、胃の機能低下による食べ過ぎの場合の食事量を減らせば治る胃もたれとは違い注意が必要です。

このページの先頭へ