シミやシワ

粉末タイプの青汁を料理で使用しても効果は半減されない?

青汁の形状の中で良く比較されるのは、どんなタイプの青汁でしょうか?
粉末タイプhttp://www.seventhgenerationcsr.com/kotsu/と冷凍タイプの青汁http://www.sinhalawebdirectory.com/7.htmlです。
栄養価が高いのは冷凍タイプの青汁ですが、粉末タイプのものも冷凍ものに負けないくらい栄養価が高く、熱が通っても栄養価が減りません。

料理への栄養吸収率が高く、体内への栄養吸収率も高いというのが特徴です。
冷凍タイプよりも粉末タイプの方用途が広いです。
他にはどのような利点があるのでしょうか?

粉末タイプは塩などの調味料とも合わせやすく味に変化をつけやすいというのがメリットです。
青汁独特の苦味成分がなく、飲みやすいです。
また携帯しやすく水にも溶けやすく、いつでもどこでも栄養補給できるというのもメリットです。

個別包装されたものは外食にお弁当にアレンジできます。
粉末タイプの青汁にはどんな種類があるのでしょうか?
顆粒タイプとフリーズドライタイプがあります。

フリーズドライタイプのものは熱処理されていないので栄養的には、顆粒タイプのものよりも少し高いです。
栄養価を重視するのならフリーズドライ、または冷凍タイプのものが良いでしょう。
このように粉末タイプの青汁は料理に利用しやすく栄養吸収率も良いです。

忙しい現代人でも手軽に摂れるタイプはhttp://www.viewnet.jp/dw-takahashi/syouhinn.htmlで紹介されているサプリメントでしょう。
一日数粒で野菜不足をサポートできますのでおすすめです。

このページの先頭へ